~アシタツのホームページへようこそ!~

ヒーリング・ホイッスル(民族楽器の笛ホイッスルによる癒し系音楽)の作曲&演奏活動をしている音楽家 アシタツのウェブサイトです。


<最新情報>

(オリジナル最新作)

アシタツ最新作「合掌ノ里~郷愁・五箇山~」公開中!!

(コラム連載中)

(コンサート・ライブ)

◎アシタツ・ソロコンサート開催!!

▷6/30(日)

※終了いたしました。ありがとうございました!

・大阪府立弥生文化博物館

 14:00~16:00 (予定)

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/musiam/index.html(博物館HP)



<ブログ最新記事>

www.ashitatsu.com Blog Feed

弥生文化博物館コンサート、ありがとうございました! (日, 30 6月 2019)
>> 続きを読む

いよいよ明日!弥生文化博物館・ミュージアムコンサート (Sat, 29 Jun 2019)
>> 続きを読む

「しゃぼん玉」&「雨ふり」中山晋平さんの名曲カバー・第1弾! (Sat, 29 Jun 2019)
>> 続きを読む


<ヒーリング・ホイッスル奏者 アシタツ>

<プロフィール>

ヒーリング・ホイッスル奏者

キーボード奏者・作曲家

1977年大阪府生まれ。

大阪芸術大学音楽学科卒業。

 

 

中学生の頃に、オカリナ奏者宗次郎氏の演奏に感動したことをきっかけに、音楽家を志す。

 

大阪芸術大学在学中より、シンセサイザーによる楽曲制作を開始。

 

その後、民族楽器の笛ホイッスルの音色に魅了され、演奏を習得。

ホイッスルによる癒し系音楽“ヒーリング・ホイッスル”を創始する。

 

オリジナル作品、ニューエイジ・ヒーリング(癒し系音楽)のほか、童謡唱歌、日本・世界の名曲愛唱歌、民族音楽、映画音楽、ジブリ音楽、ポップソングなど、色んなジャンルの曲も演奏。

 

大の歴史好きで史跡巡りが趣味。

それを活かし、古代史や近畿・北陸の自然と歴史をテーマにした曲作りを行う。

 

いにしえに想いを馳せ、和の心を音楽で表現・発信することをライフワークとしている。

<楽器とテーマなど>

 ▷演奏楽器

  • ティン・ホイッスル
  • ロー・ホイッスル
  • キーボード・シンセサイザー

 

▷専門音楽ジャンル:癒し系音楽(ヒーリング・ニューエイジミュージック)
▷趣味:歴史・史跡巡り
▷大阪府郊外(奈良県寄り)在住。
▷オリジナル曲の主なテーマ

  • 近畿・北陸の自然と歴史をテーマにした作品(自身は大阪出身だが、母方の家系が福井出身の2分の1北陸人。自らの2つのルーツ“近畿”と“北陸”を見つめた作品を手がける)

  • 文学や児童文学をモチーフにした作品

  • ファンタジックな世界観の癒し系音楽

 

▷尊敬する音楽家・影響を受けたアーティストの方々

 

(日本)

  • オカリナ奏者:宗次郎
  • シンセ奏者:喜多郎
  • シンセ奏者:姫神・星吉昭
  • 作曲家:久石譲      

(海外)

  • ヴァンゲリス
  • エンヤ
  • アディエマス 

 など

<ヒーリング・ホイッスルとは>

アシタツによる造語で、民族楽器の笛ホイッスル(ティン・ホイッスル&ロー・ホイッスル)による癒し系音楽のこと。

 

▷ティン・ホイッスル

 アイルランド音楽などを中心に、ケルトの民族音楽で主に用いられる民族楽器。6つの指穴から成る、シンプルな構造の素朴な縦笛。

 ペニー・ホイッスルまたは、単にホイッスルと呼ばれることもある。

 元来はティン(ブリキ)で作られていたが、現在はアルミや真鍮などで作られる。

 オカリナなどと同じエアリードの管楽器。

 高い音域のものは“ティン・ホイッスル”と呼ぶのに対し、低い音域のものは“ロー・ホイッスル”と呼ぶ。

 

※ケルトのホイッスル(ティン・ホイッスル)に関しては、こちらのサイトがより詳しいです。→ケルトの笛屋さん