<ごあいさつ>

アシタツ公式サイト~ヒーリング・ホイッスル~へ、ようこそお越し下さいました。

 

私は、民族楽器の笛ホイッスル(ティン・ホイッスル&ロー・ホイッスル)によるニューエイジ・ヒーリング音楽(癒し系音楽)=ヒーリング・ホイッスルの音楽家として活動しております。

 

ヒーリング・ホイッスル&シンセサイザー・キーボードを使い、近畿や北陸の自然・歴史をテーマにしたオリジナル曲など、独自のテーマの癒し系音楽の作曲を手がけるほか、様々な楽曲(童謡唱歌、世界の名曲、ジブリ音楽、ポップスなど)を演奏しております。


ティン・ホイッスルは、元来はアイリッシュ音楽などで用いられるケルトの民族楽器の笛ですが、それに捉われることなく、この楽器の可能性を高めていけるよう、ジャンルを問わず様々な楽曲の演奏にチャレンジしております。

 

このサイトの“作品”のページでは、私の作品や演奏をカテゴリーに分けて、ジャンルごとに分類しております。ぜひ、ヒーリング・ホイッスルの音色をお楽しみください!

 

“配信・販売”のページでは、オリジナル楽曲の配信サイトを紹介しております。

 

AmazonやiTunesなど、数多くの配信サイトにて、取り扱っていただいております。試聴もできますので、ぜひご利用ください。

 

メッセージやお問い合わせ、楽曲制作や演奏のご依頼などございましたら、“お問い合わせ”ページのメール・フォームを、どうぞご利用ください。

 

“音楽コラム”のページでは、私が音楽家を志した中学・高校時代に影響を受け、その頃より尊敬している、4人の偉大な音楽家(宗次郎さん、喜多郎さん、姫神・星吉昭さん、久石譲さん)に関する記事・コラムを集めております。

 

コンサート・レポートや作品のレビューなど、読み物として面白く、様々な情報を提供しております。また、楽器のことやニューエイジ・ミュージックに関する記事などもございます。ご一読いただけますと幸いです。

 

また、最新情報や演奏情報などは、Blogやトップページにて掲載しております。

 

アシタツ公式サイト~ヒーリング・ホイッスル~ どうぞよろしくお願いいたします。


<アシタツのあゆみ>

▷1977年12月

  • 大阪府郊外の町にて出生。福井県出身の母親がエレクトーン講師だったことから、幼少期より音楽に親しむ。

 ▷1980年代:幼児~小学時代

  • 初めて演奏した楽器は、保育園の時に演奏した鍵盤ハーモニカ。
  • 小学生時代はハーモニカの演奏に熱中。学校でもらった小さなハーモニカに飽き足らず、半音階も吹ける大きなサイズの2段ハーモニカを演奏していた。また、母親が所有していたクラシックのレコードの鑑賞などにも親しむ。
  • 低~中学年の頃に、宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』鑑賞。後に多大な影響を受けることになる、久石譲さんの音楽に初めて触れ、強い印象が残る。
  • 小学高学年の頃、母親が所有していた、喜多郎さんのアルバム『敦煌』のテープを聴き、大きな感動を受け、シンセサイザーという楽器のことを知る。また、久石譲さんが音楽を担当された、NHKスペシャル『驚異の小宇宙・人体』のシンセサイザー音楽にも、強い感動と印象を受ける。

▷1990~92年:中学時代

  • 中学時代は卓球部に所属し、中1~中2の頃は、音楽とは疎遠な生活となる。
  • 中学3年の頃、クラシック音楽の魅力にはまり、独学で音楽の勉強を始める。
  • 1992年10月17日、関西テレビ『土曜大好き830』の旅のコーナーに出演していた、オカリナ奏者・宗次郎さんの演奏を聴き、衝撃と感動を受ける。この時の感動をきっかけに、音楽家になることを志す。
  • 宗次郎さんの演奏から受けた大きな感動から、自らもオカリナの演奏を始め、また宗次郎さんのCDを購入しては毎日のように聴くようになる。

▷1993~95年:高校時代

  • 1993年秋、初めて宗次郎さんのコンサートに行き、宗次郎さんのオカリナ生演奏に初めて触れる。この年の秋は2度、宗次郎さんのコンサートを鑑賞する。
  • 宗次郎さんの他、喜多郎さんや姫神・星吉昭さんのシンセサイザー音楽にも親しみ、CDも買い集めるようになる。
  • 自分が好む音楽ジャンルが、“ニューエイジ・ミュージック”と呼ばれる音楽であることを知る。この頃よく聴いていた作品は、宗次郎さん:『木道』『風人』『水心』『大黄河』、喜多郎さん:『敦煌』『飛雲』『天空』『古事記』、姫神(星吉昭)さん:『遠野』『炎・HOMURA』『ベスト盤・MOON WATER』といったアルバムなど。
  • この頃よりニューエイジ・ミュージックの様々なアーティストの作品を聴くようになる。また、世界の民族音楽、日本の民謡、クラシック音楽、映画音楽など、多様なジャンルの音楽を聴き、学ぶようになる。
  • 1994年春、ふとしたきっかけから、久石譲さんの音楽に興味を覚え、調べるうちに、小学時代に感動した『ナウシカ』や『人体』の音楽を作った方だと知る。それ以来、久石譲さんの作品を数多く聴くようになる。
  • 1994年8月喜多郎さん、同9月久石譲さんのコンサートに、それぞれ初めて行く。また、1995年4月、宗次郎さん・オーケストラとの共演コンサートに行き、この公演の編曲を担当された、作曲家・岩代太郎さんの華麗なオーケストレーションを鑑賞する。
  • オカリナから、やがてさらに他の楽器に興味を覚え、ケーナやエレクトーン・キーボードの演奏を始める。また作曲理論の勉強も始める。
  • 本格的に大学で音楽を学びたいと志し、音楽系大学への進学を決意。楽典・ソルフェージュ、作曲理論、鍵盤楽器演奏などを学ぶ。

▷1996年~2000年:大学時代

  • 1996年4月、大阪芸術大学音楽学科に進学。
  • 独自にニューエイジ・ミュージックや映画音楽の研究をするほか、大学では、民族音楽、電子音楽、ミニマル・ミュージック、オーケストラ音楽、作曲法などを学ぶ。楽器はシンセサイザーを学び、楽曲制作・演奏を行うようになる。
  • 2000年3月、大阪芸術大学音楽学科卒業。

▷2000年~2015年

  • 大学卒業後、音楽とは無関係の仕事で生計を立てつつ、勤務時間以外の時間をフル活用して、音楽活動・創作活動を展開する。
  • ニューエイジ・ヒーリング音楽のオリジナル曲をシンセサイザーで制作。独自の音楽を模索・追求して行く。
  • 2004年、作曲作品が、NHKラジオ『ともに生きる』のエンディング挿入曲として採用される。
  • 2008年3月、尊敬する音楽家、姫神の故星吉昭さんの足跡を訪ねて、岩手県を旅する。花巻、遠野、盛岡、小岩井、姫神山、平泉を訪問。
  • 2010年代に入り、自分の音楽には、もっと“核”となるものが必要であると自問するようになる。
  • 自問する過程で、2012年から2015年にかけては、それまでのシンセサイザーのみのインストのスタイルから、“歌”を作ることを模索し、ボーカロイド(歌声合成ソフト)を使用したオリジナル曲の制作を行う。
  • 2012年・2013年の各12月に行われた、神戸・ルミナリエの関連イベント『VOCALOIDで復興のシンボル曲「しあわせ運べるように」を歌おう』に参加。自身の編曲が採用される。
  • 2014年頃より、自身の音楽的原点を見つめ直すべく、学生時代に影響を受けた音楽家のコンサートに行き、生演奏を聴くことを模索する(2014年8月冨田勲さん、同9月喜多郎さん、同12月久石譲さん)。その過程で、2015年3月、20年ぶりにオカリナ奏者・宗次郎さんのコンサートに行くことを思いつく。

▷2015年

  • 3月28日土曜日、大阪・貝塚コスモスシアターで開催の、宗次郎オカリナコンサートを鑑賞。中学時代に、初めて宗次郎さんの演奏を聴いた時の、強い衝撃と大きな感動が甦る。
  • その約2週間後の4月10日、京都・平安神宮での宗次郎さん野外コンサートにも出かけ、再び深い感動を受ける。そして、心の奥底に眠っていた“笛への愛”が覚醒。自身の音楽的原点は、宗次郎さんのオカリナのような“アコースティックな民族楽器の笛の音”であると再認識。自問し続けていた、自らの音楽の“核”となるべきものが、“笛の音色”であると悟る。
  • ただ、(自身の中で)宗次郎さんが偉大すぎて、仮に、再びオカリナを手にとった場合、宗次郎さんの音楽性の模倣表現にしかならないと考え、オカリナよりももっと、自分自身ならではの独自の音楽的表現ができる笛はないだろうかと模索する。
  • 民族楽器の笛を探求する過程で、スペインの笛奏者カルロス・ヌニェス氏が吹く、ケルトのホイッスルの演奏動画が目にとまり、自らが探求していた、演奏する笛はこれだと直感を得る。
  • ティン・ホイッスルなど、ケルトの笛のネット専門店“ケルトの笛屋さん”より、マイケルバーク製ホイッスルを購入。サイト経営者の、ケルト・北欧の笛奏者hataoさんの著作「地球の音色~ティン・ホイッスル編」も併せて購入し、独学でホイッスル演奏を学ぶ。
  • ホイッスル演奏を学び始めて3か月後、初のホイッスル演奏のレコーディングを行う。その演奏を取り入れたボーカロイド曲、平和への祈りをテーマにしたオリジナル曲「平和の星に咲く花」を8月に発表。同作をもって、ボーカロイド曲の制作からは引退することを決意。以後はホイッスルの演奏・作曲活動をメインに行っていく決心をする。
  • ホイッスル演奏を始めて半年、11月に大阪府の地元で開催された芸術祭・音楽祭に、ティン・ホイッスル奏者として参加。初のコンサート・ホール出演となったが、成功を収める。

▷2016年

  • ホイッスル演奏を独学で学ぶうち、さらに詳しく学びたいと考え、“ケルトの笛屋さん”運営者のhatao氏にご指導をいただくことにする。
  • 2月11日、午前10時から午後8時まで、約10時間に及ぶ一日集中稽古をhatao氏より頂戴し、ホイッスル演奏の様々な技法、表現を伝授していただく。
  • hatao氏より学んだことを活かしつつ、さらに独自の音楽・演奏を追求。2015年以上に音楽祭や演奏ステージに参加し、ホイッスル奏者として研鑽に励む。また、世界的なホイッスル奏者のジョーニー・マッデン氏やショーン・ライアン氏の来日公演に出向き、その生演奏に触れて、ホイッスル演奏を研究する。
  • マンドリン奏者BunKan氏とのデュオ、“アシタツ&BunKan”として演奏活動を展開するとともに、自身のオリジナル曲をYouTubeにて公開。また、童謡唱歌やポップスなど、様々な音楽の演奏活動を展開する。
  • 元来はアイリッシュ音楽の楽器であるティン・ホイッスル。この楽器を使って、演奏活動や作曲活動を展開する過程で、ヒーリング・ニューエイジ音楽専門の自分が、別ジャンルの演奏家と間違われたり、楽器の認知度の低さに悩むことが多くなる。そうしたことから、独自の音楽的ブランド名を創り出すことを模索し始める。(その一方で、ホイッスル演奏技術の基礎はアイリッシュ音楽にあるとの考えから、アイリッシュ曲はエチュードとして、日々の練習プログラムにとり入れる)

▷2017年

  • 1月1日、アシタツ独自の新ブランド“ヒーリング・ホイッスル”始動。
  • 民族楽器の笛ホイッスルによる癒し系音楽ブランド=ヒーリング・ホイッスルの演奏家、ヒーリング・ホイッスル奏者を名乗り活動を開始。
  • “近畿”とともに、自らのもう一つのルーツといえる“北陸”をテーマにした作品を制作。また、前年以上に演奏活動とレコーディングを活発化させ、各地の音楽祭などに出演する。
  • ニューエイジ・ヒーリング音楽の、尊敬する音楽家のことを中心とした音楽コラムの執筆にも取りかかり、ブログにて発表。

▷2018年

  • ヒーリング・ホイッスルによる、ジブリ音楽のカバー演奏を重点的に行い、ホイッスル演奏の新たな可能性を追求する。
  • 3月、ミニアルバム『希望のコラール』および、アルバム『まほろばの空』を、iTunesなど主要配信サイトにて配信リリース。日本・欧米諸国の世界7か国のアマゾンにて配信が開始される。
  • ライブ活動において、ライブ用シンセサイザーを導入。ホイッスルとシンセを融合した演奏活動も開始する。

▷2019年

  • 1月1日、アシタツ公式サイト~ヒーリング・ホイッスル~(https://www.ashitatsu.com)オープン。
  • 6月30日、大阪府立弥生文化博物館において、ミュージアム・コンサートを開催。
  • 9月1日、奈良・春日野音楽祭に4年連続出演。
  • 10月27日、大阪・天満音楽祭に4年連続出演。
  • 11月、大阪府富田林市、大阪府泉南市において、ソロ・コンサート開催。

ヒーリング・ホイッスルの音色を、多くの方に届けるべく、今後も精力的に活動していきます!!